滋賀県高島市情報ポータルサイト ススミダス高島

福祉情報をメインに高島市の身近な情報をお伝えするポータルサイトです。

ススミダス情報


平成24年度滋賀県総合防災訓練が開催されました

防災訓練会場 全景 9月2日に高島市全域で、平成24年度滋賀県総合防災訓練が開催されました。
 早朝7時から始まり、先ずは高島市を中心としたマグニチュード7.0の地震が発生したとの想定で、開始されました。
一次住民避難が発令され、今津町にある主訓練会場とした市有地に避難をするといった訓練をされました。

トリアージ その後、医療救護所・避難所設置などをし、物資や給水などが設置されました。消防・警察・自衛隊などが共同で、建物に取り残された人がいるとの想定のもと、救助訓練もされていました。続いて、JR湖西線の電車が脱線したとの想定のもと救助訓練がなされました。橋も倒壊し、自衛隊の仮設の橋が設置されるなど、実際の災害が起こったように隊員の方々も真剣に訓練されておられました。
土砂崩れが起って生き埋めになられた方の救出や、水没した車からの救出などもされておられました。
情報収集訓練 応急救護所では、日本赤十字の方々を中心にトリアージという名の患者の「症度判定(怪我の程度による判別)」をされていました。

 各機関のテントでは、情報収集の訓練や、高島市社会福祉協議会を中心にボランティアセンターを開設し、様々な事態に対応する訓練をされておられました。

炊き出し訓練 この主訓練会場の他に、高島市民病院を中心とした県内の医療機関が連携し患者の受け入れなどの訓練も行われ、県内全域で大規模な災害に対しての訓練をされておられました。

 会場の中では、各企業などが災害グッズの展示をされていたり、消防庁の起震車というのを使い、地震の模擬体験ができるスペースや、 自衛隊と赤十字奉仕団の皆さんを中心に炊きだしの訓練もされていました。

 今回のこの訓練を気に、震災だけではなく、様々な災害に対応できるように我々も取り組むことが大切だと感じました。先日、南海トラフの被害想定も出されました。皆さんが団結し減災に努め、被害を最小限にできるように日々の訓練や意識付けが必要だと思います。

関連記事

【高島市ニュース】平成24年度滋賀県総合防災訓練 開催

※当日の訓練内容について事前公表されていたものです。

ススミダス情報一覧
ススミダス高島 トップへ戻る