滋賀県高島市情報ポータルサイト ススミダス高島

福祉情報をメインに高島市の身近な情報をお伝えするポータルサイトです。

ススミダス情報


大雨やゲリラ豪雨に遭遇したら

大雨 イラスト 近年、集中豪雨やゲリラ豪雨、長雨による被害が多発しています。このような大雨に対してしっかりと備えができていると、万が一のときに正しく行動することができ、人的・物的な被害を防いだり軽減することが出来ます。大雨に対する備えをもう一度ご確認ください。

▼大雨に対する備え

○屋外の備え


○屋内の備え


○避難場所の確認


▼大雨に遭遇したら

○気象台が発表する情報に気をつける

テレビ・ラジオ・インターネット・携帯電話 大雨により重大な被害が発生する恐れがあるときには、「警報」や「注意報」が発表されます。テレビやラジオ、インターネット・携帯電話を使って最新の情報を入手してください。
 また、特に重大な被害が予想される場合、この他に「記録的短時間大雨情報」や「土砂災害警戒情報」が発令されます。このような情報が出された場合、特に注意をするようにしてください。

○危険な場所には近づかない

増水した河川 雨で増水した小川や側溝などの境界が見えにくくなっています。転落事故の恐れがありますので絶対近づかないようにしましょう。また、山崩れやがけ崩れも起こりやすくなっています。このような恐れのある場所にも近づかないようにしましょう。

○避難の準備

避難経路の確認 いつでも避難できるように、避難場所への経路や方法、近所や自治会との協力体制などを確認しておきましょう。また、避難時の非常用品も準備しておきましょう。

○避難することになったら

避難勧告 災害の危険が迫ってきたら「避難勧告」や「避難指示」が発令され、防災無線や広報車を使って伝えられます。このような場合、あわてず速やかに避難しましょう。
※避難時の注意点

○避難先では

 勝手な判断や行動をせず避難所の方の指示に従ってください。

【補足】雨の強さと降り方

○やや強い雨

1時間雨量(mm) 10mm 〜 19mm
人の受けるイメージ ザーザーと降る
災害等の発生状況 この程度の雨でも長く続く時は注意が必要

○強い雨

1時間雨量(mm) 20mm 〜 29mm
人の受けるイメージ どしゃ降り
災害等の発生状況 側溝や下水、小川があふれ、小規模のがけ崩れが始まる

○激しい雨

1時間雨量(mm) 30mm 〜 49mm
人の受けるイメージ バケツをひっくり返したように降る
災害等の発生状況 山崩れ・がけ崩れが起きやすくなり、危険な場所では避難の準備が必要。都市では下水管から雨水があふれる。
車で高速走行すると、車輪と路面の間に水膜が生じブレーキが効かなくなる。(ハイドロプレーニング現象)

○非常に激しい雨

1時間雨量(mm) 50mm 〜 79mm
人の受けるイメージ 滝のように降る(ゴーゴーと降り続く)
災害等の発生状況 都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込む場合がある。また、マンホールから水が噴出する。山を中心に、土石流が起こりやすくなる。
その他、多くの災害が発生する。 また、車の運転は危険。

○猛烈な雨

1時間雨量(mm) 80mm 以上
人の受けるイメージ 息苦しくなるような圧迫感がある。恐怖を感じる。
災害等の発生状況 雨による大規模な災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要。また、車の運転は危険。

関連記事

台風に備えて対策を
竜巻から身を守るには
ススミダス情報一覧
ススミダス高島 トップへ戻る