滋賀県高島市情報ポータルサイト ススミダス高島

福祉情報をメインに高島市の身近な情報をお伝えするポータルサイトです。

ススミダス情報


新旭ふくしまつり2012が開催されました

新旭ふくしまつり2012 9月22日、高島市新旭町にある『新旭総合福祉センター やすらぎ荘』周辺にて『新旭ふくしまつり2012』が開催されました。お祭りは朝10時から昼3時まで開催され、すがすがしい秋晴れの中、たくさんの方が来場されていました。

 お祭りの会場は、やすらぎ荘とその周辺の福祉施設に設けられた特設スペースで、外にはたくさんのテントが並んでいました。また、建物内にも特設ブースが設けられていました。

新旭ふくしまつり 外観  『ふくしまつり』ということもあり、障がいをお持ちの方やお年寄り、お子さんにも十分配慮されており、会場のバリアフリーはもちろんのこと、お祭り開催中は近隣道路を通行止めにすることで事故防止に努めるなど様々な工夫がなされていました。

 『思いやる 心でつなぐ 福祉の輪』をテーマに、楽しみながら福祉について学べるように、模擬店や体験スペース、展示発表・ステージ発表など様々な催しが行われました。

模擬店の様子  模擬店は、たこ焼きや焼きそば、新旭名物のしょい飯といった食べ物やお茶やジュースなどの飲み物。ポップコーンやチョコファウンテンといったお菓子など様々なお店が出ていました。

  お昼時を中心にたくさんの方が買い物をされており、あちらこちらで美味しそうに食べていらっしゃいました。どのお店も盛況で、お祭りが終わる頃には、既に売り切れてしまうお店が出るほどでした。

展示発表  展示発表や体験スペースでは、福祉に関することを中心に様々なものを見て、体験することができました。湖西地域で初めての福祉車両の展示や手話の体験コーナーといった福祉関連のものをはじめ、弓矢体験やフェルト作り体験などお子さんが喜ぶコーナーや、地元同好会や養護学校のみなさんなどの作られた作品の展示コーナーなど、たくさんのコーナーがありました。

  また、これらの展示発表や体験スペースを回ってキーワードとスタンプを集めると景品が貰える『展示・体験ツアー』も開催されていました。

高島音頭  ステージ発表では、地元湖西中学校吹奏楽部の子どもたちによる演奏を始め、少林寺拳法滋賀新旭書院の師範と生徒の皆さんによるの演武披露、高島音頭保存会の皆さんによる高島音頭が行われました。

  それぞれ、日頃の練習の成果を存分に発揮され、お祭りを大いに盛り上げました。

 また、お祭りの会場では、滋賀県の青少年応援事業である『ちいき発見!カフェ』も開催されました。これは、市内で活動されている様々な団体と地域の若者との交流の場として設けられたもので、20の団体がブースを構えていました。また、ドリンクコーナーも併設されており「カフェのように飲み物を飲みながらゆっくりと話をしましょう。」というコンセプトでした。興味を持った方々が次々訪れられており、熱心に話をされていました。

キャッフィー 滋賀県からは県のイメージキャラクターである『キャッフィー』も登場しました。登場すると同時に子どもたちが駆け寄ってきて、もみくちゃにされるほどの人気ぶりで、たくさんの方が記念撮影などを行っておられました。

 最後に、お祭りの実行委員の方から『家に帰るまでがふくしまつりです。』とのお話がありました。これを機会に、福祉について家族で話し合えるきっかけになったのではないかと思います。

関連記事

【高島市情報】新旭ふくしまつり2012 開催

※事前に配布されたチラシ等ご覧いただけます。



ススミダス情報一覧
ススミダス高島 トップへ戻る