滋賀県高島市情報ポータルサイト ススミダス高島

福祉情報をメインに高島市の身近な情報をお伝えするポータルサイトです。

ススミダス情報


自殺は予防できます。自殺予防週間

自殺の原因 イメージ  9月10日から9月16日までは、『自殺予防週間』です。

 右のグラフの通り自殺の原因は様々です。しかし、周りの人が悩みや自殺につながるサインに気づき声をかけ話を聞いて、早めに専門機関につなぎ、温かく見守ることで自殺を引き止めることができます。

 自殺は予防できます。自殺対策に対して正しい知識を身につけ1人でも多くの方の生きる希望につなげましょう。

◎自殺対策 5つのポイント

1.気づく

 眠れない、食欲が無い、口数が少なくなった など、家族や仲間に対して「いつもと様子が違う」と感じた場合、もしかしたら、悩みを抱えているかもしれません。
 自身や周囲の「変化」は悩みを抱える大きな要因となります。一見、他人から見たら幸せそうに見える出来事でも、本人は大きな悩みを抱えている場合もあります。まずは、このような状況に気づいてあげましょう。

■自殺につながるサイン・状況
○過去の自殺未遂・自傷歴  
○喪失体験 (家族、友人など身近な人との死別 など)
○苦痛な体験 (いじめ、家庭の様々な問題 など)
○職業・経済・生活 問題 (失業、リストラ、借金、多重債務、生活苦、不安定な生活、ストレス など)
○病気・病気に関する悩み (うつ病などの精神的な病気、病気になったことへの悩み・病苦)
○ソーシャルサポート不足 (支援者がいない、社会制度が活用できない など)
○自殺しやすい環境 (危険な手段を手にしている、危険な行動を起こしやすい環境がある など)
○望ましくない対処方法 (飲酒で気を紛らわせる、薬物を乱用する など)
○危険行動 (道路に飛び出す、建物などから飛び降りようとする、自暴自棄な行動をとる など)

2.声をかける

 上記のようなことにづいたら、勇気を出して声をかけてみましょう。もし、声のかけ方に悩んだら、次のような言葉を使ってみて下さい。
 「最近、眠れてる?」
 「どうしたん?なんかしんどそうやけど・・・大丈夫?」
 「なんか悩んでる?よかったら、話してみて。」

3.話を聞く

 本人の気持ちを尊重し、話を聞いてあげることが大切です。まずは、心配していることを伝え、話せる環境をつくりましょう。話を聞くにあたって、悩みを真剣に受け止め、誠実な対応をしましょう。本人を責めたり、安易に励ましたり、相手の考えを否定するといったことは避けて下さい。
 話を聞いたら、「話してくれてありがとう」「大変でしたね」というような、ねぎらいの言葉をかけるようにしましょう。

4.つなぐ

 早めに専門家に相談するようにうながしましょう。相談先を紹介するにあたって、丁寧に情報提供をすることが大切です。また、相談先との連携や具体的な相談日時の設定などの支援ができる場合、本人の了承を得た上で、支援をしましょう。

5.見守る

 専門家との連携が済んだ後も、温かく見守りましょう。

◎高島市内、滋賀県内のこころの相談窓口

▼高島こころのつえ相談室(電話相談)

電話番号:0120-874-756
受付日時:毎週水・木曜日 13:00 〜 17:00
・秘密は堅く守ります。
・お名前や住所はお聞きしません。
・高島市内の固定電話と携帯電話からもかけられます。
・相談及び通話料は無料です。
・専門研修を受けたスタッフが対応いたします。
●お問い合わせ先
高島市社会福祉協議会
電話番号:0740-36-8220

▼高島保健所 精神保健福祉相談(予約制)

開催日時:毎月第1金曜日 14:00 〜 17:00
●お問い合わせ先
高島健康福祉事務所 保健福祉課
電話番号:0740-22-2419
ファックス:0740-22-5693

▼滋賀いのちの電話

電話番号:077-553-7387
受付時間:金、土、日曜日 10:00 〜 22:00

▼滋賀県立精神保健福祉センター

電話番号:077-567-5010
受付時間:平日 9:00 〜 16:00

◎多重債務(借金)に関する相談

▼高島市役所 生活相談課

電話番号:0740-25-8125

ススミダス情報一覧
ススミダス高島 トップへ戻る